ドイツの食材


私は、料理が好きだ。 日本は、数えきれないほどのレストラン、スーパー、コンビニのお惣菜、で食欲を満たして満足することができる。 ドイツでは、ご存知のように、レストランの雰囲気はよいものの料理に満足させてくれる店は、多くない。 もちろん日本食レストランや、欧州系でも金に糸目をつけなければあるが。。 多分、ドイツ料理に限ってももう一生食べなくてもいいと思っている。 しかし、ドイツのビールと、ワインはうなるほどうまい。そして安い。 ドイツに住んでいると、自宅飯がいい。自分の好きな、ビールとワイン買ってきて、それにあう料理をつくる。 日本だったら、惣菜、つまみ、スーパーでなんぼでも手に入るが、こっちではそうはいかない。 食べたいものがあったら自分で作るしかない。 最初にドイツに来たときは、貧乏学生だったこともあり、なんとかこっちの食材で安くごまかしながら料理をしていた。 今もそのなごりで、ごまかしの料理が好きだ。 もちろんうまくごまかされていなければならない。ごまかされていない料理を食べるのは苦痛以外何物でもない。 うまくごまかすためには、ドイツで入手できる食材を知らなければいけない。 私が思うに茸はおいしい。本当においしい。ソテーもいい。アルミ焼きもいい。鍋なんて最高だ。 茸グラタンなんてくらったらうまくて眩暈がおきそうだ。 スーパーは品ぞろえ少ないが、市場に行くと日本を上回る種類の茸がある。 時期が限定されるが、pfifferlingeは日本では見かけないが最高だ。これでビジネスチャンスがあると思えるくらい最高だ。 私は、結構な確率でスーパーでも入手できるausternpilzeがおすすめだ。 なんだか、形格好はマイタケのお父さんのようだ。 このマイタケパパで作る鍋といったら病みつきだ。 マイタケパパ鍋が好きでしょっちゅう作っていたら、周りから鍋奉行と呼ばれるようになった。 これからも新たな食材を探して、鍋将軍とよばれるようになりたい。

特集記事
近日公開予定
今しばらくお待ちください...
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

STARTS Deutschland GmbH Frankfurt Office

Braubachstr.26

60311 Frankfurt am Main

デュッセルドルフのサイトはこちらから➡

Copyright © 2016 STARTS Corporation. ALL Rights Reserved