ドイツの食材

November 18, 2016

私は、料理が好きだ。
日本は、数えきれないほどのレストラン、スーパー、コンビニのお惣菜、で食欲を満たして満足することができる。
ドイツでは、ご存知のように、レストランの雰囲気はよいものの料理に満足させてくれる店は、多くない。
もちろん日本食レストランや、欧州系でも金に糸目をつけなければあるが。。
多分、ドイツ料理に限ってももう一生食べなくてもいいと思っている。
しかし、ドイツのビールと、ワインはうなるほどうまい。そして安い。
ドイツに住んでいると、自宅飯がいい。自分の好きな、ビールとワイン買ってきて、それにあう料理をつくる。
日本だったら、惣菜、つまみ、スーパーでなんぼでも手に入るが、こっちではそうはいかない。
食べたいものがあったら自分で作るしかない。
最初にドイツに来たときは、貧乏学生だったこともあり、なんとかこっちの食材で安くごまかしながら料理をしていた。
今もそのなごりで、ごまかしの料理が好きだ。
もちろんうまくごまかされていなければならない。ごまかされていない料理を食べるのは苦痛以外何物でもない。
うまくごまかすためには、ドイツで入手できる食材を知らなければいけない。
私が思うに茸はおいしい。本当においしい。ソテーもいい。アルミ焼きもいい。鍋なんて最高だ。
茸グラタンなんてくらったらうまくて眩暈がおきそうだ。
スーパーは品ぞろえ少ないが、市場に行くと日本を上回る種類の茸がある。
時期が限定されるが、pfifferlingeは日本では見かけないが最高だ。これでビジネスチャンスがあると思えるくらい最高だ。
私は、結構な確率でスーパーでも入手できるausternpilzeがおすすめだ。
なんだか、形格好はマイタケのお父さんのようだ。
このマイタケパパで作る鍋といったら病みつきだ。
マイタケパパ鍋が好きでしょっちゅう作っていたら、周りから鍋奉行と呼ばれるようになった。
これからも新たな食材を探して、鍋将軍とよばれるようになりたい。

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

最新記事

January 22, 2020

December 19, 2019

December 6, 2019

November 7, 2019

November 7, 2019

September 22, 2019

September 13, 2019

Please reload

アーカイブ