レモン酎ハイ

February 9, 2017

日本に一時帰国する際には、毎度、気を許す親友と会うのだが、会う場所というと上野駅のアメ横、ガードレール下の焼き鳥屋。

ここでレトロな気分を楽しみながら、焼き鳥つまみながらダベるのがなんとも心地よい。

今、アメ横は、外国人の数が結構すごい。ドイツでいうローテンブルグか。どちらも当時の風情があるという事だが、方向性は全然違うね。何にせよ、汚い路地で活気のある姿は、昭和の古きよき雰囲気があって、大好きだ。ホテルのラウンジだ、クラブだ、なんぞくだらねぇ。

男は、黙って、うだるような暑さのなかか、滴る汗を拭きながらレモン酎ハイを飲む。

酎ハイをすすって、男の中に眠っている獅子を目覚めさせるわけ。

ドイツにいるとビールも、ワインもおいしいけど、やっぱり焼酎がのみたい。レモン酎ハイが飲みたい。一時帰国したときに焼酎を持ってくるっていう手もあるけど、そんなんじゃ、毎日の消費量とじゃ間に合わない。

日本の食材ショップでも手に入るが、レモン酎ハイは、安くてうまい。の安いがなくなってしまうと魅力がなくなる。

料理の時もみりんの代わりにコカ・コーラで代用するような俺にとって、焼酎の代用を探すのはたやすいもの。ちなみに、コーラで作る肉じゃがはうまい。みりんを使わなくて済むってことで、ドイツで作る肉じゃがは、コスパがすごくいい。何でドイツは、ジャガイモが2KGもはいって1Euroなのって、不思議で仕方がない。こりゃ農家を馬鹿にしているだろって値段だ。そりゃ農家も怒るよね。

いつだったか、酪農農家がデモしたとき、タンクローリーから牛乳を大量噴射した記憶がある。はんぱじゃねぇ。まじでぶっとんでるぜ、酪農農家。

話がづれた。

ドイツでの焼酎の代用は、KORNだ。この酒は、ぶっちゃけていうと、労働者階級が飲むのみもの。飲み屋でもショット用では、ダントツに安い存在だ。

このKorn、かならずどのスーパーにもおいてある。通常タイプ25%とDoppelといって、2回蒸留して35%のもの、値段は、4Euroちょっとから6Euro程度なので、完全にありだ。毎晩一本空けてもぎりぎり女房に許される値段設定だ。

これに炭酸水入れて、レモン絞れば、そこには、昭和の世界が広がっている。

これでみんなも、みんな中にいる眠れる獅子を目覚めさせてやってほしい。

プゥォッスト!

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

最新記事

November 7, 2019

November 7, 2019

September 22, 2019

September 13, 2019

August 2, 2018

Please reload

アーカイブ