ドイツの挨拶

September 26, 2016

 

ドイツ人の挨拶も、日本のように、相手によって言い分けています。同僚、上司、親友などなど、

地域によっても差がありますが、ちょっとした挨拶に差をつけることで、ドイツ人の輪に溶け込みやすくなるかも。

一般的なものが、グーテンモルゲン(おはよう)、グーテンターク(こんにちわ)、グーテンアーベント(こんばんわ)。

​同僚などの間では、最初につくグーテンをとって、モルゲン、ターク、アーベント。という場合がおおいです。

仲良しの同僚には、モイン!って挨拶してみましょう。ドイツ人同僚から、おっ、お前もドイツがわかったきたな。と思われるはず。

ドイツ人の強者などは、ナァッ!っていうだけの人もいます。これは、なあ、お前ところで、元気なの?っていう意味のようです。

​もし、ナァッ!と挨拶されたら、アレスクラッ、ウントッ!と答えましょう。おそらく、ガハハッ、アレスクラッ!という返答が返ってくるでしょう。

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

最新記事

December 6, 2019

November 7, 2019

November 7, 2019

September 22, 2019

September 13, 2019

Please reload

アーカイブ