ドイツの日曜大工

February 21, 2017

しばらく日本を離れているが、日本もDQN,だかDIYとかと呼ばれて日曜大工が流行っているという話をきいた。ドイツも負けじと、日曜大工は熱い。ドイツのホームセンターに行くと本当に家が建つ。日本では結構郊外のJOYFULL何とかというホームセンターに近いものがあるが、決定的にちがうのは、電動マシンの数。この電動マシンたちが愛らしい。BOSCH、SIEMENS、AEG,METABO。日本のマシンおた〇の方々がみたらテンションマックスだ。

日本だと、電動ドリルにしたら、使うシチュエーションが限られるから、あまり使用をした人は少ないと思う。

ドイツにお住まいの人はご存知のように、ドイツは、家具無しの場合、まず入居した際に難関にぶちあたる。照明器具の取り付けだ。

日本は、ソケットをスポットして、くるっとすれば取り付けられるけど。ドイツの場合は、天井のモルタル部分に思いっきりドリルで穴をあける必要がある。穴をあける場所も、照明器具まちまちで、マーキングして、穴あけて、Dubelと呼ばれる受具差し込んで、締め上げる。DIY初心者の方は、まあ、無理といってもいい。

ドイツの洗礼とも言われる、220V電流アタックも半端じゃない。日本の120Vアタックは生易しい。こんなのは、低周波マッサージのごとく生易しい。

120Vアタックは、指先から、肘のあたりで電流が止まってくれる。220Vアタックは、肘、肩、首を突き抜けて、額へ突き抜ける。真っ白な世界がそこに待っている。

そういえば、以前事務所で、外付けハードディスク基盤むき出しでいじくっていた時の話だ。コンセントを外すのを忘れていて、両手で触った際に、感電した。

問題は、両手で触ってしまったということだ。電流が体中を駆け抜け、ありとあらゆる筋肉が自分の意志とは逆に、縮みまくる。ハードディスク基板を投げ捨てたいと心の底から願うが、逆に握りしめる状況となる。その姿は、まさにジャミラだ。

ベンチプレス120KGをマークする俺の力でも電流の力には、勝てなかった。

もう一つ学んだことがある。漫画や、映画でよく見かけるシーン、そんなこと言う馬鹿はいねーべ、と思っていたのだが、人間ってのは、死を直面すると、助けてーっと叫ぶんだな。

電流通電中に、震える小さい声を振り絞った。

いい思い出だ。DQN熱い。

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

最新記事

November 7, 2019

November 7, 2019

September 22, 2019

September 13, 2019

August 2, 2018

Please reload

アーカイブ