​ドイツから学ぶ

ドイツ人の挨拶

September 21, 2016

ドイツ人の挨拶も、日本のように、相手によって言い分けています。同僚、上司、親友などなど、

地域によっても差がありますが、ちょっとした挨拶に差をつけることで、ドイツ人の輪に溶け込みやすくなるかも。

一般的なものが、グーテンモルゲン(おはよう)、グーテンターク(こんにちわ)、グーテンアーベント(こんばんわ)。

​同僚などの間では、最初につくグーテンをとって、モルゲン、ターク、アーベント。という場合がおおいです。

仲良しの同僚には、モイン!って挨拶してみましょう。ドイツ人同僚から、おっ、お前もドイツがわかったきたな。と思われるはず。

ドイツ人の強者などは、ナァッ!っていうだけの人もいます。これは、なあ、お前ところで、元気なの?っていう意味のようです。

​もし、ナァッ!と挨拶されたら、アレスクラッ、ウントッ!と答えましょう。おそらく、ガハハッ、アレスクラッ!という返答が返ってくるでしょう。

Please reload

STARTS Deutschland GmbH Frankfurt Office

Braubachstr.26

60311 Frankfurt am Main

Copyright © 2016 STARTS Corporation. ALL Rights Reserved

デュッセルドルフのサイトはこちらから➡